推しVTuberと仮想都市で暮らせる「クラフ特区O-City」、入居者募集開始を開始

LINEで送る
Pocket

Gugenkaは、日テレVTuberネットワーク「V-Clan」の協力のもと、NTTが提供するWebソーシャルVR「DOOR」にて、推しと暮らすことができる仮想都市「クラフ特区O-City」の入居者募集を7月30日(金)より開始したと発表した。

O-City(オーシティ)」は、クリエイターが集まる仮想世界「クラフ特区」にある都市。各駅を中心に「市」が広がっており、それぞれの市長として総勢11名の人気VTuberが就任している。

<参加VTuber>
・奏天まひろ
・銀河アリス
・式部めぐり
・東雲めぐ
・菜花なな
・花雲くゆり
・飛鮫ナミ
・舞鶴よかと
・海月ナギ
・水瀬しあ
・結目ユイ

入居への応募はクラフ特区O-City公式サイトで行える。
●O-City公式サイトhttps://craftok.jp/ocity

<O-City入居特典>
・入居証明書
・次回開催時の「入居証明書」優先購入権(※入居証明書の有効期間は次回「O-City交流会」まで)
・公式サイトの「O-Cityマップ」にニックネームの表示
・DOOR内の「O-City」バーチャル空間にニックネームの表示と制作した「マイルーム」へのリンク
・2021年9月12日(日)「O-City第1回交流会」にて市長が「マイルーム」へ遊びにきて3分トーク(※「追加おしゃべりチケット3分」を最大4枚購入することで15分トークが可能)

<O-City第1回交流会開催概要>
推しが市長を務めるO-Cityに住む住民は、仮想世界で自分のアバターや自分の部屋「マイルーム」を作成でき、パソコンのブラウザーのみで簡単にカスタマイズが可能。「O-CIty交流会」は、同じO-Ctiyに住む住民同士の交流や、市長が「マイルーム」へやって来ておしゃべりできるイベント

マイルームのイメージ

【応募期間】2021年7月30日(金)〜8月9日(月)
【抽選発表】2021年8月11日(水)18:00までに当選者へご連絡
【定員】各エリア最大40名
【開催日】9月12日(日)14:00〜18:00
【料金】入居証明書+おしゃべりチケット3分:税込5500円
【オプション】追加おしゃべりチケット3分:税込5500円(1枚)※最大4枚購入可能
【主催】Gugenka
【プラットフォーム】DOOR

●関連リンク
クラフ特区O-City公式サイト
Gugenka公式
DOOR