配信技研、2021年5月のゲームタイトル別、ライブ視聴ランキングを発表 「バイオハザード ヴィレッジ」が初登場3位

LINEで送る
Pocket

配信技研は10日、2021年5月における日本のゲームカテゴリーで視聴時間が多いタイトルを発表した。同社のリアルタイム分析ツール「Giken Access」を利用し、YouTubeやTwitchなどの各種プラットフォームで日本語で実施している7万5000以上の配信を集計した市場調査になる。上位20タイトルは以下の通り。

  1. Apex Legends
  2. VALORANT
  3. バイオハザード ヴィレッジ
  4. Minecraft
  5. Among Us
  6. モンスターハンターライズ
  7. ウマ娘 プリティーダービー
  8. リーグ・オブ・レジェンド
  9. フォートナイト
  10. ポケットモンスター プラチナ
  11. Dead by Daylight
  12. ストリートファイターV
  13. IdentityV 第五人格
  14. ファイナルファンタジーXIV
  15. New ポケモンスナップ
  16. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  17. ファイナルファンタジーX
  18. 荒野行動
  19. バイオハザード7 レジデント イービル
  20. 雀魂 -じゃんたま-
StarryResonanceオーディション

先月のランキングでは、5月8日にPlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X|S、Xbox One、PCに向け新発売されたシリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」が初登場にして3位を記録した。ドミトレスクや「赤ちゃん」など今回も強烈なキャラクターが多数登場し、ゲーム実況者やVTuberの間でもさっそく多くの実況配信が行われた。

また、新作に影響されるかたちで、2017年に発売され、PlayStation VRにも対応したことで話題になったシリーズ前作「バイオハザード7 レジデント イービル」も最新作発売の少し前から実況配信が増加し、先月の20位に続き2ヵ月連続でランキング入りを果たしている。

(TEXT by アシュトン)

●関連リンク
ニュースリリース
配信技研