配信技研、2021年10月のゲームタイトル別、ライブ視聴ランキングを発表 新作FPS「Back 4 Blood」が初登場6位

LINEで送る
Pocket

配信技研は10日、2021年10月における日本のゲームカテゴリーで視聴時間が多いタイトルを発表した。同社のリアルタイム分析ツール「Giken Access」を利用し、YouTubeやTwitchなどの各種プラットフォームで日本語で実施している7万5000以上の配信を集計した市場調査になる。上位20タイトルは以下の通り。

  1. Apex Legends
  2. Minecraft
  3. VALORANT
  4. リーグ・オブ・レジェンド
  5. Among Us
  6. Back 4 Blood
  7. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  8. Dead by Daylight
  9. フォートナイト
  10. LOST JUDGMENT
  11. ポケットモンスター プラチナ
  12. FIFA 22
  13. PUBG: BATTLEGROUNDS
  14. ストリートファイターV
  15. モンスターストライク
  16. ARK: Survival Evolved
  17. ウマ娘 プリティーダービー
  18. 原神
  19. IdentityV 第五人格
  20. スプラトゥーン2
StarryResonanceオーディション

先月も首位は不動の「Apex Legends」がキープ。17ヵ月(※9月は統計データが存在しないためカウントせず)連続1位を記録した。3位の「VALORANT」、8位の「Dead by Daylight」などFPSゲーム人気は依然として続いている。

そんな中、10月12日ワーナーブラザーズより、新作のFPSゲーム「Back 4 Blood」が発売となった。同作は「Left 4 Dead」の制作チームが贈る新作の協力型ゾンビFPS。オンラインマルチプレイで最大4人が協力してゾンビを倒す。話題のゲームということもあり、総配信時間4410時間、平均同時接続数940とどちらも高い数値を出し、初登場で6位にランクインした。

●関連リンク
ニュースリリース
配信技研