バーチャル美少女ねむ、VR感覚テーマの360度MV「ファントムセンス」を公開 歌ってみたコンテストも開始

LINEで送る
Pocket

バーチャル美少女ねむさんは8月27日、「VR感覚」をテーマとした新オリジナル楽曲「ファントムセンス」の360度MVを自身のYouTubeチャンネルにて公開した。

「VR感覚」とは、実際は視覚・聴覚情報しかないはずの仮想現実体験において、存在しないはずの触覚や味覚、嗅覚などの感覚を疑似的に感じること。特にソーシャルVRユーザーの中には、こうした感覚を持つユーザーが一定数おり、最近では学術面でも注目を集めている概念だ。

今回のMVでは、スマートフォンで自由に視点を動かして視聴ができる360度映像を活用しており、​VR機器がない人でも気軽に「VR感覚」を疑似体験できるとのこと。​​実際に体験しないとなかなか理解が難しい「VR感覚」を360度映像を用いることで、VRユーザー以外にも疑似体験できるようにしている。ねむさんとの触れ合いの中で、吐息・温もり・風・温度・落下感など、本来VRで感じるはずのない感覚「VR感覚」に目覚めていくという内容だ。疑似体験のため、PCではなくスマートフォンにて​「最高」画質での視聴を推奨する。

StarryResonanceオーディション

​​映像は、ソーシャルVRプラットフォーム「NeosVR」内にて撮影されており、​「VIVEフェイシャルトラッカー」による表情認識・「VIVE Pro EYE」による眼球認識・「VIVEトラッカー」による全身10点フルトラッキングなど、VIVEトラッキング技術をフル活用し、​顔面52点・眼球2点・全身10点の合計64点トラッキングでアバターをリアルタイムで動かし演技を行っている。

「NeosVR」内には、今回のMVをVR空間上で視聴したり、カラオケができる特設ワールドも用意している。同様のワールドは、「VRChat」上にも近日公開予定だ。

また、MVの完成を記念し、「歌ってみたコンテスト」を開催。その募集を開始した。期間は9月18日まで、​参加資格は「アバターを愛する人なら誰でも」となっており、応募作品はすべてねむさんの配信内で紹介されるとのこと。後日、スタッフによる優秀賞の贈呈と、視聴者の投票による総選挙が行われる予定で、大賞に選ばれると​3D音楽ライブ「ファントムセンス (仮)」への出場権が与えられる。詳しい応募要項は、こちらのページより確認してほしい。

今回、​​本プロジェクトのプロモーションと資金獲得のため、6月30日より​30日間クラウドファンディングが実施されていた(関連記事)。​最終的には目標の268%となる53万6000円の支援が集まり、ストレッチゴールを含む7つの目標すべての実施が決定した。

(TEXT by アシュトン

●関連記事
バーチャル美少女ねむ、新曲360度MV・ライブに向けクラファン「ファントムセンス」プロジェクトを始動
バーチャル美少女ねむとMila、「ソーシャルVR国勢調査2021」を開始 ユーザーへの協力を呼びかけ

●関連リンク
・バーチャル美少女ねむ(YouTubeTwitter
歌ってみたコンテスト応募概要
プレスリリース