タコベルのテレビCMに出演したVTuber「がうる・ぐら」、公式パートナーとしてプロモーション配信も

LINEで送る
Pocket

ハイクオリティーなロボットアニメ風のテレビCMを7月に公開したことで、アメリカの大手ファーストフードチェーン「タコベル」が海外で話題となっている。

タコベルの商品「ナチョフライ」の15秒CM。YouTubeでは1分間ver.も配信されている

その中でも、CM内のイースターエッグ(隠し要素)として、ホロライブEnglish所属のGawr Gura(がうる・ぐら)さんがカメオ出演していることが発見され、さらに大きな話題を呼んでいた。その瞬間は上掲のCM動画の3秒頃1分間CMでは29秒頃)から確認できる。

タコベルのCMとホロライブEnglishの関係は、当初シークレットとなっていたが、ぐらさんがCM公開後の29日に「#tacobellpartner」というハッシュタグ付きのTweetを投稿。公式なプロモーションの一環であることが示唆されていた。

そして、ぐらさんの29日以降のスケジュールで告知されていた「TACO BELL: THE STREAM」が、プロモーションとして米国東部夏時間の30日17時(日本時間の31日9時)にライブ配信された。「ナチョフライ」を実食しての食レポなど、ぐらさんらしい工夫を凝らしたコラボとなっていた。

ちなみに、タコベルではこの人気メニュー「ナチョフライ」を2018年に商品化して以来、壮大な映画予告風のCMを制作することが定番になっており、今回のアニメCMはその最新版だと言える。

メキシカン・ファストフードのブランド「タコベル」は、北米においてウェンディーズやバーガー・キングといったハンバーガー・チェーンと並ぶ規模があり、英語圏向けのVTuberとして最大級の知名度を有するぐらさんとのコラボは、海外のVTuberファンにとってインパクトも大きかったようだ。

(TEXT by 泉信行

●関連記事
【速報】ホロライブEN所属Gawr Gura、チャンネル登録者数300万人を突破 VTuber史上初の快挙
【海外】がうる・ぐらのオリ曲「REFLECT」の作曲家インタビューがインドネシアのメディアに掲載
ホロライブEnglishのワトソン・アメリアが動物保護のためのチャリティー配信を実施、目標を大幅に上回る20万ドル超が寄付される

●関連リンク
・がうる・ぐら(TwitterYouTube
・Taco Bell(TwitterYouTube