立教大学とNTT東日本、VRを活用したバーチャルキャンパスの実現に向けて協定を締結

LINEで送る
Pocket

立教大学大学院人工知能科学研究科と、東日本電信電話(NTT東日本)は、バーチャルキャンパスの実現に向けた実証実験について相互協力協定を結んだと発表した。

StarryResonanceオーディション

立教大学が研究・開発を進めているバーチャル空間上のAI搭載ロボット(Virtual Droid)、開発支援パートナーが提供する高精度3Dモデル作成技術・AIを活用したリアルなVR、NTT東日本が提供するセキュアかつ高速処理を可能とするネットワークやプラットフォームを掛け合わせることで、学生・教職員の造形・表情・動作をコピーした3Dアバターによる実在感・臨場感があるバーチャルキャンパスを実現する。

バーチャルキャンパスにより、新型コロナウイルスの影響などで、オンラインでの学習環境において不足しがちとなった学生同士のコミュニケーション、キャンパスライフでの人間関係形成、共同での学習・研究の一体感などを補い、さらには、バーチャルならではの実際のキャンパスでは実現できない学習環境の提供を目指す。

また、この取り組みと並行して、立教大学とNTT東日本は、幅広い社会課題の解決に向けてバーチャルオフィスやバーチャル観光等、教育分野に限らず幅広い分野への応用についても検証・検討していくという。

●関連リンク
立教大学
NTT東日本