【データで見る、ツイ伸び新人VTuber】2021年6月第1週は胡桃のあ、永久累、Miyune

LINEで送る
Pocket

企業・個人を問わず、毎日何十人もの新人がデビューしていくVTuberの世界。一方、すでに業界内には多くの才能が存在しているため、今の「推し」の動画・配信を追うだけで精一杯、新人まで気が回らないというVTuberファンも多いはず。そんな方に向けて送るのが本連載「データで見る、ツイ伸び新人VTuber」です。

分析・執筆は、Twitterのリストから随時2万人以上のVTuberのデータを収集して分析しているmyrmecoleonさんが担当。直近の7日間でTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを数名紹介します。


こんにちは。myrmecoleonと申します。今回も最近勢いのあるVTuberを紹介していきます。以下は直近にTwitterのフォロワー数が急増したVTuberを並べたグラフです。過去連載で取り上げた八雲べにさん、Elira Pendoraさん、Pomu Rainpuffさん、ヒナミソラさん、英リサさん、中野さんも引き続き伸びており掲載されています。今回はここから、14%以上増加した胡桃(くるみ)のあさん、永久累(とわるい)さん、Miyuneさんの3名をピックアップ。伸びた原因も推測しつつ、プロフィールをまとめました。

VTuberリスト登録のTwitterアカウントから、2021年5月31日13時から6月7日13時にフォロワー数が5%以上増加したうちのフォロワー数増加上位。データはTwitter APIより取得(以下同じ)。記事で取り上げたアカウントの棒グラフはオレンジ色に変えている。Miyuneはピックアップのため追加

胡桃のあ

初配信よりスクリーンショット

胡桃のあさんはバーチャルeSportsプロジェクト「ぶいすぽっ!」所属の「よく笑いよく泣く僕っこ」VTuber。2020年3月に初配信。過去に紹介した橘ひなのさん、如月れんさんとチーム「Iris Black Games」を組んでいます。ほかのメンバー同様「APEX Legend」などのゲーム配信中心に活動し、「VTuber最協決定戦」や「CRAZY RACCOON CUP」(CRCup)といった大会でも活躍。声がかわいいのも魅力で、歌が好きで歌ってみた動画も投稿しています。

今回の7日間では14%増となる1万4000人以上が彼女をTwitterでフォロー、YouTubeのチャンネル登録数も17000人以上が増加しました。このきっかけが6月5日・6日に開催されたCRCupのゲーム「VALORANT」大会(本配信1日目2日目、胡桃のあ視点1日目2日目)への出場です。

チーム「ヒロント」参加の当初はVALORANTの初心者だった胡桃のあさんでしたが練習の中で著しく成長。一度敗北したものの下位トーナメントを勝ち抜いて「ヒロント」は決勝進出し、1戦目ではマッチポイントから胡桃のあさんがクラッチ(残り1人からの逆転勝ち)を決めて勝利しました。その後惜しくも敗退し準優勝となりましたが、本格的に練習をはじめて1週間ほどの胡桃のあさんが国内トッププレイヤーであるLazさんを倒してのクラッチは敵味方ともに大絶賛されました。

今回のCRCupは彼女以外のぶいすぽっ!メンバーも参加しており、上記グラフの八雲べにさん、花芽なずなさんも関連した伸び。また優勝チーム「※人を食べます」参加のにじさんじの奈羅花さんなど、ほか複数名のVTuberが大会に参加しています。

StarryResonanceオーディション

7日間のフォロワーの傾向(該当アカウント群から300名超を無作為抽出の上フォローしているアカウントを集計。以下同じ)を見ると、新規フォロワーの半数は「ヒロント」メンバーの釈迦さんをはじめ今回のCRCupに参加したプロゲーマーらのフォロワーでした。同じくCRCup参加の葛葉さんなどVTuberのフォロワーも見えるものの、どちらかというと国内のプロゲーマーのファン層を中心に注目された様子が見えます。

胡桃のあさんはぶいすぽっ!でも人気の高いメンバーの一人でしたが、今回VALORANTに挑戦して大きな結果を残し、VTuberという枠を越えて国内のeスポーツコミュニティの中でさらなる飛躍をしたと言えます。

永久累

自己紹介動画(再編集版)よりスクリーンショット。

永久累さんは2018年7月頃から活動している「バーチャル妖Tuber」。女の子の幽霊で、心霊映像や妖怪の映像(手描きアニメーション)、自撮りの心霊写真(イラスト)の投稿を中心に活動しています。水着姿や胸を強調したエロティックな内容が多いのが特徴。

今回の7日間では31%増となる4300人以上が彼女をTwitterでフォロー。活動は長いですが投稿頻度は低く、今回7ヶ月ぶりの新作の心霊映像の投稿でフォロワーが増加しました。

7日間の新規フォロワーを見ると大半はこれまでVTuberをフォローしていない層のようです。エロティックな絵をTwitterに投稿している作者のフォロワーが多く、永久累さんもそうした文脈で注目されたようです。

これまで紹介してきたようなVTuberと一見違う世界に見えるかもしれませんが、2018年頃は永久累さんのような映像作品的な存在もよくVTuberとして投稿していました。VTuberの広がりを示す一例として、彼女のようなVTuberたちが現在も活動を続けていることは重要と思われます。

Miyune

企画13日目のtwitchアーカイブよりスクリーンショット。チャリティーで2万ドル達成を確認した際の驚きの表情

Miyuneさんは英語圏で活動してる女性VTuber。歌とダンスとジョークとゲームが好きで、2020年11月頃からtwitchでの雑談やゲーム配信を中心に活動しています。配信が非常に活発で、ほぼ毎日数時間配信しているのが特徴。

過去の記事で触れたとおり、英語圏のYouTuber Nux Takuさんの「もっとも長時間、配信を続けたストリーマーに1万ドルを贈る」というトーナメント企画にMiyuneさんも参加。12日間配信を続けて最後の2人まで残りましたが、13日目にネットワークの不調でPCから配信できなくなるトラブルもあり、最終的に自ら敗退を決めました。企画の様子は1日に投稿されたNux Takuさんの動画にまとめられています。

なお彼女は長時間配信チャレンジの目的を小児専門病院のためのチャリティーに切り替えましたが、その日のうちに当初の目標を越える2万ドルを集めてチャリティーは終了。以降も感謝の連続配信を続けて通算17日目で終了しています。

今回の7日間では19%増となる800人以上が彼女をTwitterでフォロー。上記チャレンジに加え、期間中にはバーチャルラッパー YFU BABYさんのバースデーコンサートにも出演しており、こちらも影響したかもしれません。

7日間の新規フォロワーではVShojoのIronmouseさん、ホロライブEnglishのMori Calliopeさんを筆頭に英語圏のVTuberのファン層が8割ほど見られました。一方でironmouseさんと親しいCDawgVAさん、Nux Takuさんなどアニメ・ゲーム好きな英語圏のYouTuberのフォロワーも見られ、これらが重なる層に今回注目されたようです。

Nux Takuさんの企画は以前も触れたとおり興味深い動きです。またYFU BABYさんのバースデーコンサートには彼女のほかにも多数の英語圏のVTuberが参加(Mori Calliopeさんもサプライズでメッセージを送っています)しており、英語圏でのVTuber間の交流が垣間見える動きです。


(TEXT by myrmecoleon

 
●関連リンク
胡桃のあ(Twitter)
胡桃のあ(YouTube)
永久累(Twitter)
永久累(YouTube)
Miyune(Twitter)
Miyune(twitch)
Miyune(YouTube)