KADOKAWA「異世界みゅーじあむ オンライン」がDOOR、VRChatほかにて実施 第1弾は「オーバーロード」

LINEで送る
Pocket

Gugenkaは5日、KADOKAWAが7月17日~9月26日にかけて実施する「異世界みゅーじあむ」に先駆け、「異世界みゅーじあむ オンライン」の展示会をスタートしたことを発表した。第1弾は「オーバーロード」。今後、「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」の展示を順次公開していく。

展示会は、「VRChat」「HoloModels」「DOOR」の3つのプラットフォームで展開し、ウェブブラウザ、スマートフォンアプリ、PCおよびPC VRなど様々な環境で来場できる。入場料はすべて無料だ。

「異世界みゅーじあむ」は、TVアニメ「異世界かるてっと」などでもコラボレーションをしているKADOKAWAの異世界作品を代表するタイトル「オーバーロード」「この素晴らしい世界に祝福を!」「Re:ゼロから始める異世界生活」「幼女戦記」の合同展示会だ。ところざわサクラタウンにある角川武蔵野ミュージアム内EJアニメミュージアムにて実施を予定している。

StarryResonanceオーディション

今回のオンライン版では、各作品それぞれのエリアに分かれて、原画と動画を組み合わせたスペシャル編集動画や、絵コンテ、原画などの作品資料をそれぞれ500点以上展示している。これらの展示内容な7月から実施するリアル展示会とは別内容となる。

オンライン展示の各プラットフォームごとの入場方法は以下の通りとなる。なお、「DOOR」のみ展示内容が異なるとのことだ。

●ウェブブラウザ
「DOOR」入場リンク

●アプリ
・「HoloModels」ダウンロード(AndroidiOS

●PC/VR
「VRChat」入場リンク

また、各作品2キャラずつ「HoloModels」を利用したオリジナルデジタルフィギュアを7月に販売する。アプリ「HoloModels」を使用することで、デジタルフィギュアのポーズやサイズを変更したり、AR写真を撮影したりできる。

販売キャラクターは、「オーバーロード」よりアインズアルベド、「この素晴らしい世界に祝福を!」よりカズマアクア、「Re:ゼロから始める異世界生活」よりスバルエミリア、「幼女戦記」よりターニャヴィーシャのちびフィギュアだ。

(TEXT by アシュトン

●関連リンク
「異世界みゅーじあむ オンライン」公式サイト
「異世界みゅーじあむ」公式サイト