VRアーティスト・せきぐちあいみが南相馬市を応援するライブペイントが終了 描いた作品は68万円で落札

LINEで送る
Pocket

VRアーティスト・せきぐちあいみによるVRアートを描くライブペイントおよびチャリティーオークションが終了した。

StarryResonanceオーディション

福島県南相馬市は、東日本大震災やそれに伴うさまざな逆境からテクノロジーで未来を開拓しようと、さまざまな取り組みを行っている。一方せきぐち氏は、VRゴーグルとコントローラーを使用し、仮想空間に作品を描くアーティスト。このイベントは、南相馬市の姿勢にシンパシーを感じたせきぐち氏が企画したものだ。

イベントでは5月21〜23日にかけ、同市の産業創造センターでせきぐち氏が仮想空間に作品を描く様子がライブ配信された。また、描いた作品を対象としたチャリティーオークションが実施され、約68万円で落札された。このイベントの売上は、諸経費を除き全額南相馬市に寄付された。

●関連リンク
せきぐちあいみ公式サイト
せきぐちあいみ公式YouTubeチャンネル
チャリティーオークションに関するnote記事