国内外のAI活用事例を体感するオンラインイベント「AI Experience Virtual Conference 2021」6/10開催

LINEで送る
Pocket

DataRobot, Inc.

SBI損保、SBIホールディングス、三菱HCキャピタル、ユナイテッドアローズ、サノフィ、楽天などが登壇し、「AIによるデータ活用の革新がDXを実現する」をテーマに講演
〜「Japan CDO of The Year 2020」味の素 福士CDOも登壇〜 
2021年6月10日(木)9:30~16:50(無料:オンライン開催)エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州ボストン、CEO:Dan Wright、以下DataRobot)は、AIを活用したビジネスの変革やイノベーションを起こした様々な企業の先進事例を体験できるプライベートカンファレンス『AI Experience Virtual Conference 2021』を6 月10日(木)に開催いたします。

詳細/申し込みはこちら:https://aiexperience.datarobot.com/

AI Experience は2017年に日本で始まり、現在では世界各地で開催されているグローバルイベントです。昨年からオンラインで開催され、業界や業種を問わず4000名近くのビジネスパーソンが参加した先進のAIエクスペリエンスを体感できる一日です。

【スピーカー】※一部抜粋
本イベントでは、以下のオピニオンリーダーやイノベーターの登壇に加え、DataRobotのお客様にもご登壇いただきます。AI技術をビジネスに活用するための考え方から、人材育成やAI化推進のメソッド等まで、豊富な事例も踏まえた様々な切り口のプログラムを用意しています。

AIで実現するデジタルトランスフォーメーション
今回のAI Experience Virtual Conference2021では、「AIによるデータ活用の革新がDXを実現する」をテーマに、デジタル変革の推進時に多くの企業が直面する業務改善、デジタル人材の育成や組織づくりなどの課題をデータやAIでどのように解決できるか、イノベーターやオピニオンリーダーによる基調講演、DX、AI、アナリティクス、データサイエンスのリーダーによる基調講演、DX、AI、アナリティクス、データサイエンスのリーダーによる国内外の先進企業の取り組み事例を中心にご紹介します。

●当日のプログラム(予定)※一部抜粋。登壇者、内容は変更になる可能性があります。
【基調講演】

9:30-10:10
「SBIグループが目指す全社AIドリブン化とオープンアライアンス戦略によるAI活用」
・五十嵐 正明 氏(SBI損害保険株式会社 代表取締役社長)
・佐藤 市雄 氏(SBIホールディングス株式会社 社長室ビッグデータ担当 次長)

StarryResonanceオーディション

10:10-10:40
「味の素のDX 構想から実践まで」
・福士 博司 氏(味の素株式会社 代表取締役 副社長執行役員 CDO)

【DataRobotお客様事例】
13:50-14:10
「PoCの壁を越えた、AI現場活用の成功事例」
・久笠 努 氏(三菱HCキャピタル株式会社 理事 デジタルビジネス推進部長)

13:50-14:20
「ユナイテッドアローズにおけるDataRobotの活用 これまでの成果とこれからの課題」
・木下 貴博 氏(株式会社ユナイテッドアローズ DX推進センター情報システム部長兼自社EC開発室長)
・中井 秀 氏(株式会社ユナイテッドアローズ DX推進センター 情報システム部 IT戦略デザインチームリーダー)

14:30-15:00
「AIの導入・開発・運用まで導く 少人数CoE成功の秘訣」
・友田 恭輔 氏(楽天カード株式会社 FinTechシステム開発部 データマネジメントチームリーダー)

15:30-16:00
「製薬企業のコマーシャル部門におけるAI活用事例
 『外注から内製化への歩みと今後の展望』 〜データサイエンティスト不在の2年半〜」
・奈幡 智朗 氏(サノフィ株式会社 ビジネスオペレーション&サポート本部 カスタマーマーケティング&アナリティクス部 部長)
・李 鑫 氏(サノフィ株式会社 ビジネスオペレーション&サポート本部カスタマーマーケティング&アナリティクス部 Manager)

【特別講演】
16:10-16:50
「ビジネスデータサイエンティストの育成」
・河本 薫 氏(滋賀大学 データサイエンス学部 教授)

【バーチャル展示会場もオープン】
9:00-19:00〈DataRobotの各製品、AIサクセスのご紹介〉
・DataRobotの各製品とAIサクセスサービスの紹介ブースをご用意しております。
   <製品紹介ブース>DataRobotの主要機能である、データ準備(Data Prep)、機械学習の自動化(AutoML)、時系列モデリング(AutoTS)、AIモデルの実運用化(MLOps)のご紹介。

 <AIサクセスブース>
企業がAIをビジネスに活用し継続的に効果を創出するまでのAIサクセス(活用支援)サービスについて、お客様の活用ステージ別にご紹介。

上記の他にも、様々な講演プログラムを用意しています。
詳細は、右記URLよりご確認ください。https://aiexperience.datarobot.com/agenda

【イベント概要】
名  称  :AI Experience Virtual Conference 2021
              -AIによるデータ活用の革新がDXを実現する-
日  時  :2021年6月10日(木) 9:30~16:50
視聴方法:オンライン
参 加 費 :無料(事前登録制)
申込期限:2021年6月9日(水)
申  込  :https://aiexperience.datarobot.com/
上記よりお申込みいただき、ご参加ください。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL:https://www.datarobot.com/jp/
DataRobotは、エンタープライズAIのリーダーであり、AIイノベーションを競うグローバル企業に信頼できるAIテクノロジーとイネーブルメントサービス(継続的なAIサクセス支援)を提供しています。 DataRobotが提供するエンタープライズAIプラットフォームは、機械学習モデルの構築、デプロイ、管理までをエンドツーエンドで自動化することで、実ビジネスにおけるデータサイエンスの民主化を実現します。このプラットフォームは、AIをお客様に大規模に提供し、そのパフォーマンスを長期にわたって継続的に最適化することで、お客様のビジネス価値の最大化を実現します。業界最先端のソフトウェアと世界水準のAI実装、トレーニング、サポート、AIサクセスサービスから得られたノウハウの組み合わせにより、事業や組織の規模、業界、業種に関係なく、あらゆるお客様の実ビジネスにおける成果の実現を強力にサポートします。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、IDCのレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、リーダーに選ばれました。詳細についてはwww.datarobot.comをご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ