USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」2/4開業 新アトラクションにはVR

LINEで送る
Pocket

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは11月30日、新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業日が2021年2月4日に決定したことを発表し、アトラクション「マリオカート ~クッパの挑戦状~」の詳細を公開した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは大阪府大阪市此花区にある「ハリウッド映画」をテーマに作られたアミューズメント施設。

「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は世界初となる任天堂をテーマにしたエリアで、「マリオカート」や「ヨッシー」などの様々な任天堂キャラクターをテーマにしたアトラクション、レストラン、ショップが楽しめる。

ユージェネバーチャルタレント募集

今回新たに詳細が公開されたアトラクション「マリオカート ~クッパの挑戦状~」は、「マリオカート」をテーマにした初めてのライド・アトラクションであり、来場者は慣れ親しんだ「マリオカート」に実際に乗り込むことができる。

本アトラクションでは、来場者はVRヘッドセットを装着し現実に再現された「マリオカート」に乗り込む。ドリフト&スピンしながらコースを滑走する来場者の真横を、マリオやルイージたちのカートがすり抜けていく白熱のレース展開に、来場者はゲームの世界に入り込んだことを実感できるという。

また、AR、プロジェクションマッピング、スクリーン投影映像など、数々の映像技術とスチームなどの特殊効果、そして舞台セットとしてコース上に再現された歴代のゲームの名シーンなどを組み合わせることにより、現実世界に「マリオカート」を再現しているとのことだ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには、このアトラクションの他にも「STAND BY ME ドラえもん 2 」のXRライドでVRヘッドセットが用いられている。

(TEXT by Yoshiki Matsuzaki)

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ©Nintendo

●関連リンク
「スーパー・ニンテンドー・ワールド」 特設ページ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 公式サイト